来院時のお願い

■午前診療の予約について

あらかじめ、電話・ネット(前日まで予約可)で受診予約を済ませた上で受診下さいますようお願い申し上げます。

当院は予約を頂いている方を優先してご案内しております。

お電話当日の受診予約については、混雑状況によって予約が難しい場合がございます。その場合は予約の患者様の合間で診療いたしますが、お待たせする場合があることをご了承ください。

 

■午後診療の予約について

火曜日・木曜日の午後診療は完全予約制となっております。

前日までのお電話でのみ予約可能です(ネットでの予約はできません)。当日でのお電話では午後の予約が取れない事がありますのでご了承ください。

 

予約を中心とした当院の診療は、ご来院いただく方にスムーズな医療を提供するための仕組みです。皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。



下記の日程を休診日とさせて頂きます。何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

休日の眼科診療当番は下記神奈川県のウェブサイトから確認いただけます。

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/t3u/pub/zibigannka.html  

 

・計画休診 7月13日(土)

・お盆休み 8月13日(火)~8月17日(土)


■火曜日・木曜日午後は13時30分~15時までの完全予約制です 

当院では白内障手術治療を中心とした診療に集中するため、午後の診療は完全予約制となっております。

午後受診を希望の場合は、必ず前日までにお電話でご予約を頂きますようお願い申し上げます。

 

■クリニック内ではマスク着用をお願いします(神奈川県・医師会の方針に準じます)

新型コロナウイルス感染症の拡大予防のためクリニック内ではマスクの着用をお願いいたします。

神奈川県からの案内は下記よりご参照ください。

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/covid19/mask/hosp.html

 

■コンタクトレンズの処方は行っておりません。

当院ではコンタクトレンズの処方は行っておりません。また他店購入のためのコンタクトレンズ処方箋の発行も行っておりません。

コンタクトレンズを希望される場合は、コンタクトレンズ量販店や他院コンタクトレンズ取り扱い眼科クリニックへご相談頂きますようお願い申し上げます。


お電話での受診予約は診療時間内にお願いします。

(手術日は手術業務終了時間まで) 

インターネットから受診予約は

下記ボタンをクリックで可能です。

(コンタクトレンズの処方は行っておりません)

インターネットからのご予約は午前診療のみ可能です。

受診ご希望日の前日まで可能です。

それ以外の場合にはお電話でご予約ください。




当院は保土ケ谷区の商店街”ハマのアメ横”洪福寺松原商店街内にございます。

相鉄線天王町駅から徒歩7分。八王子街道(国道16号)に近くバス利用(洪福寺・宮田町)も便利です。

院長ご挨拶

診療案内

診療時間



白内障は、虹彩の奥にある、焦点を合わせる組織である”水晶体”が混濁する加齢変化で50代から徐々に始まります。

特に60~70歳以降では、程度の差はあれ、ほぼ皆さんにこの変化は現れており、視力低下の原因になっていることがあります。

 

横浜よつもと眼科では毎週月曜日11時~お昼頃と水曜日午前中に日帰り白内障手術を行っております。全症例、術前診断から手術前説明、手術執刀から術後の管理まで院長が責任をもって行っております。

 

現在約1ヶ月前後での手術のご案内が可能です

ただし、全身状態を考慮して総合病院での手術治療が望ましい場合がありますので、診察時に判断をいたします。

 

当クリニックでは空気清潔度が確保された眼科手術用クリーンルームで手術を行います。手術器具はヨーロッパ規格EN13060の最高基準「クラスB」の条件を満たした滅菌器を用いて厳密に滅菌管理しております。また使用するメス類・シリンジ類などの消耗品はすべてディスポーザル(単回使用)を遵守しております。白内障手術装置は製造メーカーの専門技術者による有償定期メンテナンス・バージョンアップを適切に受けており、常に安全で最善のパフォーマンスで手術が行えるよう、取り組んでおります。


当クリニックでは保険診療の単焦点眼内レンズ(片眼1割負担:約15,000円、3割負担:約45,000円)の他、多焦点(2焦点・3焦点)眼内レンズ選定療養:多焦点レンズ差額費用のみ別途自己負担となります。費用については乱視対応2焦点レンズが健康保険負担額+24万円税込、乱視対応3焦点レンズが健康保険負担額+32万円税込にも対応しております。 

当院で採用している多焦点眼内レンズは選定療養での使用が認められているモデルです(J&J社Synergy/Symfony)。単焦点眼内レンズと比較すると焦点が合う範囲が広いため、裸眼で見える距離が拡がります。選択肢の一つとしてご検討ください。

 

なお、多くの方がそうかと思いますが老眼鏡などのメガネの使用することに抵抗がなければ単焦点レンズによる白内障手術でも十分に視力の改善は期待できます。また緑内障の程度や網膜疾患によっては単焦点レンズが望ましいこともあります。どのレンズを選択するかについては、皆様のご希望を伺った上でご相談・ご提案を行っております。

 

当院では、単焦点レンズか多焦点レンズかを問わず、適応がある方には全ての手術において乱視軽減レンズを使用しております(追加費用負担はございません)術後視力の質を上げるために最適なレンズ選択に努めております。

 

手術を検討される際には、皆様にご自宅などでしっかりご理解頂けるように治療内容や眼内レンズの種類・治療費用・術後の注意点など、当院での白内障手術に関するすべてを網羅した手術パンフレット(全20ページ)をお渡ししております。さらに手術前には、その資料を用いて執刀医である院長が、皆様お一人お一人に十分な時間を確保して手術内容の説明を行いご納得を頂いた上で手術を行っております。見にくい・かすむ・まぶしい」などの症状がございましたら、どうぞお気軽にご相談ください。


日帰り白内障手術

安全性は当院の最優先事項です。HEPAフィルター空調設備を備えた清潔な手術室で手術を行います。

レーザー治療

当院では2種類のレーザー機器を完備。後発白内障や糖尿病網膜症、網膜裂孔、緑内障など、眼科外来で治療可能なすべての疾患に対応いたします。(保険外治療であるレーシック手術は行っておりません)

充実の検査機器

正確な診断に欠かせない検査機器。視力検査・眼圧検査はもちろん、緑内障に必須の視野検査、網膜の立体構造を詳細に把握するOCT(眼底三次元画像解析)などを備えており、一般的な診療で必要となる検査機器を充実させております。

”富士山の天然水”ウォーターサーバーを待合室に設置しております

当院の待合室は白を基調とした2方向窓ガラスで明るい空間です。ご来院の皆様に少しでも気持ちよくお待ちいただけるようウォーターサーバー(”富士山の天然水”)を設置しています。



当院では、窓口お支払いにVISA・MasterCard・JCB・アメリカンエクスプレス・ダイナースのクレジットカードがご利用可能です。

また上記キャッシュレス決済にも対応しております。