院長ご挨拶

皆様初めまして。横浜よつもと眼科院長の四元修吾です。
 
当院は2017年5月に相鉄線天王町駅から徒歩圏内、”ハマのアメ横”とも呼ばれる洪福寺松原商店街内で開業いたしました。
一般の眼科診察に加え、高性能HEPAフィルターを組み込んだクリーンな手術室を完備しており、日帰り白内障手術をはじめ、眼内注射治療(眼底出血や糖尿病網膜症など)・前眼部手術(ものもらい、霰粒腫、翼状片、脂肪ヘルニアなど)を安全に行うことが可能です。
また世界基準で高い技術開発力を持つ眼科レーザー機器メーカー、ライトメッド社の最高スペックのレーザーを2台導入しており、糖尿病網膜症や網膜裂孔・後発白内障・緑内障など、眼科領域でレーザー治療が可能な全ての疾患に対応しております。低侵襲(短時間・痛みが少ない)レーザー治療を外来で行うことができます。
前職、国際親善総合病院では眼科部長として年間700件以上の白内障手術に携わり、近隣の先生からご紹介頂いた、高度に進行した難しい白内障を含めたあらゆるタイプの白内障の執刀し、そして後進の指導を行ってまいりました。
手術を頑張られた患者さんから”見える”と喜んでいただいたときに、この仕事が天職であると本気で思えます。

 

どうぞ目でお困りのことがあれば、些細なことでも遠慮なくご相談ください。責任を持って診察をいたします。
難しい言葉を使わず、分かりやすい表現でみなさまにお伝えできることがきっとあると思います。

院長 四元修吾

医学博士・眼科専門医

横浜市立大学眼科 非常勤講師

国際親善総合病院眼科 非常勤医師(白内障手術)

 

所属学会

日本眼科学会

日本眼科手術学会

日本白内障屈折手術学会

 

略歴

鹿児島出身。ラ・サール高校・鹿児島大学医学部医学科卒業

横浜市立大学附属市民総合医療センターで初期臨床研修を終えたのち横浜市立大学附属病院眼科に所属

横須賀北部共済病院・秦野赤十字病院・藤沢市民病院・

佐伯眼科クリニックなどの大学関連施設に勤務

2015年4月 国際親善総合病院(横浜市泉区) 眼科部長

2017年5月 横浜よつもと眼科開業